金利の低いローンを選ぶ|事業者ローンがあれば必要な時にすぐ借りられる

事業者ローンがあれば必要な時にすぐ借りられる

女の人

金利の低いローンを選ぶ

積み木とお金

返済の総額を減らせる

住宅ローンを利用して家を購入する時は将来の人生設計をしっかり立てておくことが大事です。20代後半で家庭を持って家を建てた場合、当初は順調にローンの返済ができます。しかし子供が成長するにつれて教育費がかかるようになります。すると住宅ローンの負担が大きくなってきます。また住宅ローンは変動金利と固定金利があり、変動金利を選んだ場合は金利の動きによってローンの返済額も変わってきます。今は非常に低金利なので住宅ローンを組みやすいのですが、過去の金利が高いときにローンを組んだ人は多く支払っているわけです。このような場合に利用したいのが借り換えです。別の銀行の住宅ローンに借り換えすることによって毎月のローンの支払いを減らせます。ただしそれには手数料や保証料などが30万円程度かかります。この費用を含めて、どのくらいの借り換えメリットがあるかを計算してから実行します。

返済期間を短縮できる

住宅ローンの借り換えをする時の原則は、今より金利が低い時に行うということです。また銀行によっては金利の低いサービスをしている所もあります。そのような銀行を選んで借り換えをすれば、ローンの支払い総額を減らすことができます。毎月の返済額も少なくなるので、その分を教育費などに回すことができます。もう1つのメリットは、毎月の返済額をそのままにして返済期間を短縮できるということです。例えば30年の返済期間だったものが、借り換えによって返済総額が減ることによって25年に短縮されたりするのです。住宅ローンというのは大きな金額になるので、少しの金利の差でも借り換えた方がお得な場合があるのです。総額で数百万円も減らせる場合があります。借りかえローンをやっている銀行のホームページでは、どのくらい安くなるかのシミュレーションができます。

Copyright© 2016 事業者ローンがあれば必要な時にすぐ借りられる All Rights Reserved.